副業の税金を節税するには

NO IMAGE

副業で発生した収益は何も申告をしないと金額の多い少ないに関わらず、全額が所得という扱いになります。
所得で確定した金額をベースに住民税などが計算されるため、副業の稼ぎが多ければ多いほど税金が高く付くという事になります。しかし、副業で発生した税金を節税する方法があります。帳簿を付けておく事が必要となりますが、副業を長く続けていくのであれば経費という項目を利用して節税出来る事を頭に入れておくと良いです。

経費は副業をするために使ったお金の事を指します。例えば、材料や素材を購入しハンドメイド商品を作って販売したケースでは材料や素材を購入する為に使った金額全てが経費として計上出来ます。基本的に、副業を成り立たせるためにお金を使ったのであれば経費として計上し節税させる事が出来ます。

しかし、電気代や携帯代などは経費には出来ません。生活費と経費の境界線が曖昧な項目に関しては、経費として認められない可能性が高いです。
つまり、副業をするために素材や機材などを仕入れた場合においてのみ利用する事が出来るようになっています。経費に関しては、白色申告や青色申告のどちらであっても利用出来ます。しかし、節税という意味合いでは青色申告の方が節税しやすいと言えます。

青色申告は白色申告とは異なり、複式簿記などで税金を申告出来る方法で控除を受けられる点が特徴です。
控除額はe-taxを利用した場合のみ最大65万円で、税務署等に直接申請した場合は最大55万円となっています。控除が受けられる事によって課税所得金額を下げる事が出来るので、結果的に税金が安くなります。

例えば、副業で500万円を稼ぎ経費が100万円だった場合、白色申告を利用すると課税所得金額が400万円~410万円となります。一方で同じ条件で青色申告を利用した場合には、400万円から更に最大65万円分の控除が受けられるため課税所得金額が335万円~345万円となります。青色申告を利用する場合には提出書類が多くなりますが、確実に節税したいのであれば利用しない手はありません。

青色申告は様々な控除などが受けられるので、税金の金額を少しでも低くしたいと考える人にマッチしています。
収益が少なければ手続きの少ない白色申告でも節税は可能です。確定申告をする際の自分のキャパシティや、1年間の総収入を考慮して節税の仕方を検討すると良いです。賢く制度を利用する事が重要となります。